• 初回限定! 20%OFFキャンペーン実施中
腸元氣堂 03-6662-4642

総合受付 9:00~23:00 (最終受付22:00)
※店舗によって営業時間が異なります

腸元氣堂 六本木店
〒106-0032
東京都港区六本木4-9-8
リラビル3F
※13:00~翌5:00

腸元氣堂 銀座店 ※女性限定
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-9
栄楽ビル4F
10:00~21:00(月・水・金)
12:00~22:00(木)
10:00~19:00(土・日・祝日)
火曜日定休

腸元氣堂 末広店
〒〒101-0021
東京都千代田区外神田4-7-3
田中ビル4階

腸元氣堂 綾瀬店
〒120-0005
東京都足立区綾瀬2-5-10
高富ビル102

腸もみは体調不良・便秘解消・むくみの解消をしたい方におすすめの施術です。
ぜひ腸元氣堂でお試し下さい。

WEB予約

HOME > からだを元氣にするブログ > アーカイブ > 2018年1月

からだを元氣にするブログ 2018年1月

血糖値とインスリンダイエット

インスリン体内図まずはじめに血糖値は膵臓のランゲルハンス島の2種類のホルモンで調整されます。
『インスリン』と『グルカゴン』です。

インスリンは体内で筋肉組織にブドウ糖を運ぶ役割と余分なブドウ糖を脂肪組織に蓄える役割とブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉に蓄える役割があります。

グルカゴンは全身の脂肪組織の脂肪をブドウ糖に変える役割と肝臓に蓄えられたグリコーゲンをブドウ糖に戻す役割があります。

血糖値の高くなる食事ばかりしていると、インスリンが出にくくなってきます。
いわゆる糖尿病です。
血糖値が高い人はインスリンダイエット食がオススメです。
食事の糖質に気を付ける食事をしてインスリンを余り使わないようにします。
いわゆる糖質制限食ともいいます。

糖質制限食について

糖質制限糖質制限食では1日の糖質摂取量が決まっていて、江部康二先生が糖質制限食のエビデンスを集めた本を出版されています。
糖質制限食は特に高血糖な方にオススメです。
たくさんのエビデンスがあるので非常に参考になります。
ただ、誰でも糖質制限食が当てはまるかといわれるとそうでもないと思います。
特に運動量の多いスポーツ選手はある程度の糖質を補給し、エネルギーにかえないといけません。
流行に流されることなく、自分の状態にあった健康方法を選ぶことが大事だと思います。

ちなみに江部康二先生の【糖質制限食10箇条】なるものがあるので紹介しておきます。

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

出典 ドクター江部の糖尿病徒然日記

インスリンダイエットと腸もみについて

腸マッサージインスリンダイエットや糖質制限食が血糖値を上げないでインスリンを抑えるやり方ですが、
腸もみは逆にインスリンを促すやり方です。
なので糖尿病でインシュリンを服用している方は腸もみは出来ません。
腸もみをするとインスリンの出過ぎになってしまいます。インスリンを服用していない方だと腸もみで血糖値が安定してくるので、逆にオススメですが、血糖値を安定させるために腸もみを受ける人はまずいません。便秘解消や美肌目的やダイエット目的が多いかなと思います。

腸もみの第一人者、砂沢先生はご自身の母親の目が腸もみによって改善されました。
また、子宝に恵まれたり、生理不順が改善したり、いろんなことが起こります。
ただ、一回で良くなる人もいれば、回数を重ねないと良くならない人もいます。
回数を重ねる場合も徐々に改善に向かっているので本人が気づかない場合もあります。
ただセラピストが気付くこともあるので、しっかり本人に伝えたりします。
少しの変化でも前進です。
あきらめずに食事と腸もみでしっかり恒常性機能の回復をはかり、
スッキリした毎日を過ごせるようになってもらいたいと思います。

健康診断からみた肩こりになりやすそうな人について

健康診断からみた肩こりになりやすそうな人について

健康診断 会社員の方や特に40代の方は定期的に健康診断を受けていると思います。
その検査の中には血液検査がありますが、実は血液検査の結果は病院によって微妙に違うみたいです。
A〜Cなどの判定はその病院の平均値。
つまり健康値ではないということ。
その病院でA判定が出ても、分子栄養学的にはビタミンB不足だったり、総タンパク不足だったりします。

今回、肩こりや疲れやすい人が見て欲しいポイントはLDH(乳酸脱水素酵素)の値。
この値が180以下の人は糖代謝が上手く行えていない、つまり筋肉を自分のエネルギーで動かせてない可能性があります。
また、補酵素としてビタミンB6も使用するのでビタミンB6も不足している可能性があります。

LDHは細胞に存在し、B6は腸内細菌や食事から摂取します。

ビタミンB6を補うことでLDHが働きやすい環境を作ることができます。
ビタミンB6はレバー、肉類、魚類でも補えますが、腸内細菌の生産物としてもビタミンB6が発生するので、腸内環境を整えることも大事です。


腸もみは腸内細菌を増やすこともできるので、肩こりや疲れやすい方にも腸もみはオススメです。


1

« 2017年12月 | メインページ | アーカイブ | 2018年2月 »

便秘・むくみ・冷え・ストレス・不眠・肩こり・腰痛・ダイエットなど、体の不調でお悩みなら、まずはお電話ください!

03-6662-4642

初回20%OFF

WEB予約

六本木 銀座 末広町 綾瀬
総合受付 13:00~23:00(最終受付22:00) ※店舗によって営業時間が異なります