• 初回限定! 20%OFFキャンペーン実施中
腸元氣堂 03-6662-4642

総合受付 9:00~23:00 (最終受付22:00)
※店舗によって営業時間が異なります

腸元氣堂 六本木店
〒106-0032
東京都港区六本木4-9-8
リラビル3F
※13:00~翌5:00

腸元氣堂 銀座店 ※女性限定
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-9
栄楽ビル4F
10:00~21:00(月・水・金)
12:00~22:00(木)
10:00~19:00(土・日・祝日)
火曜日定休

腸元氣堂 末広店
〒〒101-0021
東京都千代田区外神田4-7-3
田中ビル4階

腸元氣堂 綾瀬店
〒120-0005
東京都足立区綾瀬2-5-10
高富ビル102

腸もみは体調不良・便秘解消・むくみの解消をしたい方におすすめの施術です。
ぜひ腸元氣堂でお試し下さい。

WEB予約

HOME > からだを元氣にするブログ > 便秘について > 気づきのスイッチをオンにする

からだを元氣にするブログ

< 慢性炎症に対して腸もみが有効な理由について  |  一覧へ戻る  |  便秘解消対策|野菜摂取の二つの目的 >

気づきのスイッチをオンにする

一般的に病気と呼ばれるものは、
病院で診てもらって薬をもらう、
ということになっていると思います。

 

ウキペディアで病気の定義を見てみましたが、
「曖昧な概念である」、
「本人の意識によるところも大きい」、
とありました。
血液検査も
平均値のプラスマイナス2が正常という基準があり、
病院によってその平均値は違うと
以前、分子栄養学のセミナーで
聴いたことがあるので
この部分に関しても曖昧な数値かなと思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%85%E6%B0%97

厚生労働省的には
三大疾病というものがあり、
癌、心疾患、脳卒中がそれにあたります。
ここまで来れば
誰にも文句の付けようがなく
病気だろうと思います。


ただ、
治し方はあくまでも
本人に選択する自由があり、
いろんな治し方を自分なりに研究した上で、
どうするかを決めることは
極めて大事なことなのだと思います。




先日、樹木希林さんの
「ある日の遺言 食べるのも日常 死ぬのも日常」
というタイトルのDVDを見ました。
「癌を告知された後、
抗がん剤をやらないでいろいろ調べて、
ピンポイントで放射線をする治療で生き延びた、
病気は気づかされることなんですね、
また、
告知を受けて覚悟を持てるようになりました」、
と話されてました。
その癌に対する考え方に接して、
あらためて本人の受け止め方が
大事なんだなと思いました。


病気や身体の不調は、
身体からのメッセージだとよくいわれます。
私もそう思います。

そのメッセージを受け取り、
病院に行くのもありだし、
その関連の本を読んで情報を得るのもありだし、
また、
インターネットで
検索するのもありだと思います。
今の時代は発信者が多いので、
ありとあらゆる情報が得られると思います。

真剣になって探せば、
アンテナを命いっぱい広げることになるので
その人に合った情報に出会えると思います。

腑に落ちる情報にヒットすると思います。

私もあらゆる情報を得て、
選択して、現場に活かしています。



さて、
私のサロンは便秘解消を第一の目的としていますが、
これは実感としてですが、
お腹の具合が良くなると
いろんな気付きが得られて、
実行への足取りが軽くなるなと思います。

癌ほど強烈ではないですが、
便秘も身体からのメッセージです。
食事改善や腸もみを通して便秘が改善されると、
さらにいろんなことに気付けるようになります。



お客様からのメッセージ、^_^
〜〜〜〜

諸事情でなかなかこれなかった
お客様から報告を頂きました。
前回の施術後、
妊活と仕事を両立させていて、
仕事のストレスがあったのですが、
今はどちらが大事かを見つめなおすことができ、
仕事を少し減らす決心がつきました、
気持ちが楽になりました、
と今回の施術中に話してもらえました。

〜〜〜〜

また、主婦の方で、
身体を鍛えることに生き甲斐を感じている方で
そのために
オーバーワークになり過ぎている
感じがしていたのですが、
先日の施術中に
少しペースダウンして
身体を休めてあげる決心ができました、
と話してもらえました。

〜〜〜〜

やりたいと思う気持ちを
一旦置いといて、
自分自身の身体を見つめての決心なので、
すごいなと思います。
辞めるには決心がいる場合があります。

始めることよりも、
辞めることの方が難しいといいますが、
便秘を解消され、
落ち着いた気持ちで
自分を見つめられるようになった
結果だなと思えました。

強い決意というより、
自然な決意を感じます。


便秘解消は気づきのスイッチをオンにします。
便秘でなくても
腸もみは気づきのスイッチをオンにしてくれます。

お腹が動くということは、
身体にとっても、心にとっても、
大事なことだなとあらためて思います。

カテゴリ:

< 慢性炎症に対して腸もみが有効な理由について  |  一覧へ戻る  |  便秘解消対策|野菜摂取の二つの目的 >

同じカテゴリの記事

便秘解消対策|野菜摂取の二つの目的

東京腸もみサロン腸元氣堂では
野菜、フルーツを食べる目的をふたつお伝えしています。

ひとつは消化酵素として、
もうひとつは腸内細菌の餌としてです。


まず消化酵素は胃の消化を助けるためです。
便秘の多くは消化不良を原因に起こっています。
胃が動かなくなると、
その反射も利用して動いている腸管も
動かなくなることが考えられます。

私のサロンで
食事からも胃の消化にアプローチしだしたのは
2017年10月頃からだったかなと
思います。
だし汁を使って胃を鍛えるやり方ですが、
それに加え消化酵素を取り入れることによって
相乗効果が現れてるなと思える結果が出ています。


下剤など薬を使っている方の便秘は
なかなか一度の腸もみでは改善しませんが、
ご来店までに食生活を自分なりに頑張って調整している方は
消化酵素入りの野菜を食べると
一回の施術で便秘解消される方も多いです。

小学校、中学校の時からの便秘も
一回で改善されるケースもあるので
胃を動かすことって大事だなと思います。

消化酵素が多い食材はこちらです。

こちらのホームページ参照
http://acupuncture.jp/kouso-food.html

消化酵素を食事に取り入れる時の注意点ですが、
加熱に弱いということです。

なので生の野菜、フルーツを食べることになります。
フルーツだと食べれそうですが、
野菜を大量に食べるとなると
私もなかなか難しいので、
いつもドレッシングをご提案させてもらってます。

ドレッシングの作り方は
味噌に白ごまと亜麻仁油を混ぜます。
美味しいことも大事ですが、
簡単に作れることも大事かなと思います。


次に腸内細菌を増やす食べ方ですが、
腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいます。
もちろん
野菜を食べると善玉菌をたくさん増やすことになります。

ただ、
善玉菌には有名な
ビフィズス菌、乳酸菌だけでなく、
たくさんの種類の善玉菌がいます。
フィーカリ菌、
エクオール産菌、
ブラジリス菌、
アッカーマンシア菌、
痩せ菌など、
他にも研究発見中の善玉菌が
多く存在します。

腸内に善玉菌を増やすことは大事ですが、
もっと大事なことは
その種類を増やすことはだと分かってきています。
さて、
その種類の増やし方ですが、
いろいろな種類の野菜を食べることです。

善玉菌達には
それぞれ好物があり
私たちは野菜を食べることによって
それらの菌を育てています。
大根が好きな腸内細菌、
キャベツが好きな腸内細菌、
りんごが好きな腸内細菌などです。
なので、
体に良いからといって
キャベツばっかり食べていると
偏った腸内細菌になります。
良好な腸内細菌叢(腸内フローラ)を
形成するにはたくさんの種類の野菜を
食べた方がよいということになります。

腸元氣堂では
先程のドレッシングで野菜を取る方法に加えて
鶏がらスープに多くの野菜をいれて煮込んだり、
トマトと玉ねぎベースのカレーをスパイスを使って作ったりしています。

たくさんの種類の野菜を腸内細菌に与えられるかを
考えていろいろご提案させて頂いてます。


毎日の排便は
腸内細菌と私達の自律神経の
共同作業で行われてます。
どちらが欠けても
毎朝のトイレでの情報は
悪いニュースばかりになります。

腸もみは
野菜で育ててきた腸内細菌を増やし、
自律神経を整えます。
便秘解消、体質改善にお役立てください。


今後も腸内細菌情報は日々
開拓されていくと思います。
女性ホルモンと腸内細菌の関係や、
痩せ菌の好物など、アンテナを張り巡らせて、
有益な情報をお届け出来ればと思います。

便秘解消とすっきり感アップのための歩き方


~便秘解消とウォーキングの関連~

便秘解消のためにウォーキングをする場合、
仙腸関節が動く歩き方をしているかどうかは
大事なポイントだと思います。
仙腸関節が動くことにより
仙骨と腸骨を支えている
靭帯群が運動することになるからです。
仙骨にはたくさんの穴が縦に並んでいて、
そこの穴から直腸や肛門括約筋を支配する神経が
通っています。

欧米では
仙骨を刺激して
仙骨神経にアプローチするやり方で
便失禁を治療する方法があるらしく、
日本でも2014年4月から保険適用で
治療を受けられるみたいです。
【大腸肛門病院センター高野病院の記事参照】


今回紹介する歩き方は
しっかり仙骨を刺激するので
仙骨の穴からの神経が詰まることはないかと
思われます。

(仙骨の写真)

直腸にも繋がってます。
(仙骨の写真)

さて、その歩き方ですが、
簡単にポイントをお伝えすると、
片方の肩から倒れる様にすると、
自然と脚が前に出て、
その着地場所に対して
身体が乗り込んでいく。
その時に膝が伸びている状態で、
次の脚が前に行く感じになります。
「小山裕史のウォーキング革命」参照


ポイントは
膝関節が伸びた状態だということだと思いますが、
これがなかなか難しいです。
写真3(線人間)

また、もうひとつの特徴として
足裏を全体的に使います。
踵(かかと)から起こった運動を
まず小指側と第四指の間を通し、
次に親指の方に運動を移動させます。
この時に全ての足裏のアーチに
ストレッチがかかることになります。
踵から小指と第四指の間を
運動させる際に腰や上半身も移動されます。
「小山裕史のウォーキング革命」参照

私は
小山裕史先生が発明された
ビモロシューズを履いているのですが、
私の感覚としては頭の重さが
骨盤に乗っかる感じになります。
足裏の運動が変わるだけでも
腰がかなり楽になっているので、
仙腸関節の運動がしっかりされている感じを
すごく受けています。
写真(足裏アーチ)

お客様にも
何人かこのシューズの体験者がいるのですが、
ディズニーランドへ行った時の話を
してくれました。
いつもは一日中歩き回って
腰への負担がかなりあるのですが、
このシューズを履いて歩いた場合、
腰への負担がかなり軽減されたみたいです。
この方は便秘も改善されました。

減り方が均等なのでバランスよく歩けてるなと思います。
写真(お客様の靴)


私のサロンでは
そのために施術で意識していることは
足の小指と薬指の間の関節を柔軟にすることです。
つま先歩きの方の場合、
この関節はかなり硬く動き辛いです。
この部分をほぐすことによって、
体幹に繋がる
くるぶし、すね、ハムストリング、腸脛靭帯が
緩みやすくなります。
そうすると腰が緩みやすくなります。

小指と薬指の間を通すメリットは
足裏がストレッチしやすくなることだと思います。
足裏には3つのアーチがあり、
そこがストレッチされると
脳との繋がりができ、
反射的に身体を動かすことが出来やすくなります。
自然に歩くということは
この反射も使うことなので
大事なことだと思います。


以上の様に歩き方を意識して、
それに伴うケアをすることによって仙骨を動かし、
仙骨神経が働く様になり、
便秘や排便のトラブルが減少するのかなと思われます。

もちろん、
すっきり感やぽっこりお腹改善、むくみ解消にも
大事なことだと思います。

正座で便秘解消

朝食は椅子ですか?正座ですか?、とたまに質問します。

だいたいのお客様は椅子で朝食をとるみたいです。
仕事をしている人は立ち仕事か座り仕事が多いと思いますが、
正座して仕事をする人は少ないと思います。

実はこのことは便秘の原因のひとつだと思ってます。

肛門の出口付近は
正座している時と立っている時とでは
出口付近の角度が変わってきます。
この角度のことを直腸肛門角といいます。

直腸肛門角について
川崎胃腸科肛門科病院の記事が
わかりやすかったので
紹介します。

下図にある安静時とは直立の状態、
あるいは真っ直ぐに寝た状態を指します。
直腸と肛門の角度が保たれるとは
「直腸から肛門への道のりが
限りなく細くなること」をいいます。
排便時とは座った状態のこと。

さらに立体的に
こちらもわかりやすい図が
載せられてました。
この図で大事なのは
恥骨と尾骨が筋肉で繋がっている
ということではないかと思います。

私は座る姿勢の中でも
ダントツで直腸肛門角を広げる座り方は
ヤンキー座り、いわゆるうんこ座りだと
思います。
これは
日本式トイレから
西洋式トイレに変わったことを
便秘人口が増えた原因として
よく言われますが、
的を得た意見だなと思います。

次に直腸肛門角を広げる座り方は
正座かと思ってます。
正座をすると
ちょうど踵(かかと)の部分が
尾骨を後ろに押すような感じになります。
私の感覚的には
このことが直腸肛門角を広げる原因に
なってるのではないかと思ってます。

畳で朝食を食べていた時代から
机の上に並べられた食事を
椅子に座って食べる習慣に変わったことも
便秘人口が増えた原因なのではないかと
思っています。

【参考文献】


毎朝、お通じがなかったり、
すっきり感が無いなと感じる方は、
直腸肛門角広げるために
正座で
朝食、夕食を食べることを
試してみるのもよいかと思います。

視覚からの便秘チェック

特定非営利活動法人
日本メディカルサプリメント協会(NPOJMSA)という
神奈川県知事・認証の法人があり、
私はこちらの会員で
たまにフォローアップセミナーがあり、
参加してます。

何年か前に
そのフォローアップセミナーを担当してくださった
横須賀タワークリニックの
水上健医師の講習は、非常に衝撃的なものでした。


なぜ、衝撃を受けたかというと、
ねじれた腸のレントゲン写真をみせてもらったからです。
ここに映し出された腸は
教科書に載っているものとは程遠いもので、
この映像をみたら
便秘やすっきり感がない理由は
ここにあるのかなと思えてきます。


この時、
自分の腸も映像でみることが出来ると、
その危機感で
食事の改善や日常生活の見直しをしたいと
自然に思えるだろうなと思いました。


そこで自宅の近くにあるクリニックに行って
腸の状態を
レントゲンに撮ってもらうことが可能なのかを
聞きにいきました。

そこのクリニックは
最新の内視鏡もあり
内臓系の映像もしっかり撮れるみたいだったので、
ここなら大丈夫かなと思いました。


さて、
行ってはみましたが、
消化器系のお医者様はお休みでした。
受付の方にご対応いただいたのですが、
「医者が必要と判断すれば、
腸のレントゲンやCTなど大丈夫。
ただ、
必要と判断されない場合もある。」
ということでした。




便秘外来をされているところは別だと
思いますが、
大腸の詰まり具合を
レントゲンを撮りにくる人は
おそらく居ないと思います。

腹痛を伴って、
その原因を探るために
はじめて
レントゲンやCTを利用するというパターンが
普通だと思いますが、
便秘やすっきり感の無さ、ぽっこりお腹の原因を探るために
映像でみることが出来たら
より効果的な腸へのアプローチが
出来るだろうなと思いました。

ちなみに
保険が使えなくても 3,000円ぐらいで
検査してもらえるみたいです。


※特定非営利活動法人
日本メディカルサプリメント協会(NPOJMSA)について
当法人は、
時代に適応した知識と技術を生かして、
患者さんを増やさない。
未病を改善する栄養医学指導師
メディカルサプリメント指導士
カウンセラーの養成と育成、
栄養医学療法と
メディカルサプリメントの
普及を目指し、
健康で生き生きとした長寿社会に貢献します。

日常生活にすっきり空間を作り便秘解消

出張先などの慣れない場所で
便秘になるケースは割とよくある話です。
逆に便秘の人が自分の大好きな場所だと
毎朝すっきりするケースもあります。

先日、施術中にお客様が
スペインの体験を話してくれました。
「普段便秘だけど、
スペインに行った1週間だけは
毎日がすっきりしてた。
目覚めもよく、
毎日がすっきり。」


ある日、時間ができて、
ふと、思い立ったように行ったみたいです。
この他にも腸元氣堂のお客様の中には
ハワイが自分の落ち着く場所として
お話し頂くこともあります。

自分の落ち着く場所を知ることは
大事だなと思います。

ただ、スペイン、ハワイで
暮らすのだと良いと思いますが、
日常生活のベースが
今住んでいるところにある限り、
そのスペースを
住みやすい落ち着くスペースに
しないといけないなと思います。


そこでサロンで私がお伝えすることのひとつに
お部屋の片付けがあります。



これは私の体験なのですが、
腸もみと出会う前の話です。


人生がときめく片付けの魔法、
という本を読み、
自分の部屋を片付けたことがあります。
その時に出たゴミ、要らないものは、
ゴミ袋で50は超えたかと思います。
仕事をしながらだったので
約1カ月近くかかりました。

その後も部屋は綺麗にさっぱりし、
それと共に判断力がついたので
自分のやりたいことも見つかったり、
いろいろ人生が好転していったなと思います。


今でも時々、片付け直すことがあります。
その時々でやりたいことや状況の変化により、
やはり
ときめくものも変わってくるのだと思います。

いまでも片付ける度に得られるすっきり感は
いつ感じても心地の良いものです。



片付けはひとつひとつ細かく、
その都度判断を迫られます。
この物を残すか捨てるかの判断を
先程の本では「ときめく」かどうかで
決める方法を採用しています。

この方法は淡々と日常生活を送る生活の中で
ときめきを訓練するのにもよいなと思います。
もちろんときめくという気持ちの状態は
身体にも良い反応だと思います。
身体には幸せホルモンと呼ばれる物質がありますが、
ときめく訓練を積むことによっても発生すると思います。

そして片付け終わったその時、
そこはときめく空間になります。
その空間もセロトニンを分泌するのに
良いかと思います。

セロトニンは夜になるとメラトニンになるので
眠りに問題がある方も
片付けでよく眠る環境を作ることは
相乗効果があるかもしれません。


この様に片付けは気持ちがすっきりします。
このすっきり感は
便秘解消にも役立つなと感じています。


今度はお客様の体験ですが、
腸元気堂に週に一度ペースで
ご来店頂いているお客様で食事改善をしても、
なかなかすっきり感が得られない人がいました。


私の体験を話し、
こんまりの本を読んでもらい、
お部屋の片付けをしてもらいました。
この方も仕事をしながらなので
片付け終わるまでに
1カ月近くかかったみたいですが、
ゴミ袋で50袋ぐらいになりました、
と報告を受けました。


これを機にすっきり感が得られ、
毎日爽快に一日をスタートされてます。
あと、片付けの副作用として、
要らないものを買わなくなったりしたみたいです。


ストレスが多い時代ですが、
その中で自分の落ち着く場所を見つけたり、
または自分の落ち着く場所を作ったりすることは
すっきりするために必要なことだなと思います。


便秘・むくみ・冷え・ストレス・不眠・肩こり・腰痛・ダイエットなど、体の不調でお悩みなら、まずはお電話ください!

03-6662-4642

初回20%OFF

WEB予約

六本木 銀座 末広町 綾瀬
総合受付 13:00~23:00(最終受付22:00) ※店舗によって営業時間が異なります