• 初回限定! 20%OFFキャンペーン実施中
腸元氣堂 03-6662-4642

総合受付 9:00~23:00 (最終受付22:00)
※店舗によって営業時間が異なります

腸元氣堂 銀座店 ※女性限定
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-9
栄楽ビル4F
10:00~23:00

腸元氣堂 綾瀬店
〒120-0005
東京都足立区綾瀬2-5-10
高富ビル102

Yim Yim Studio中延店
〒142-0042
東京都品川区豊町6-12-9
10:00~23:00

腸元氣堂 嵐の湯つくば店
〒300ー1206
茨城県牛久市ひたち野西3-36-1
12:00~20:00
定休日:火曜日

腸もみは体調不良・便秘解消・むくみの解消をしたい方におすすめの施術です。
ぜひ腸元氣堂でお試し下さい。

WEB予約

HOME > からだを元氣にする腸もみブログ > 5ページ目

からだを元氣にする腸もみブログ 5ページ目

血糖値とインスリンダイエット

インスリン体内図まずはじめに血糖値は膵臓のランゲルハンス島の2種類のホルモンで調整されます。
『インスリン』と『グルカゴン』です。

インスリンは体内で筋肉組織にブドウ糖を運ぶ役割と余分なブドウ糖を脂肪組織に蓄える役割とブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉に蓄える役割があります。

グルカゴンは全身の脂肪組織の脂肪をブドウ糖に変える役割と肝臓に蓄えられたグリコーゲンをブドウ糖に戻す役割があります。

血糖値の高くなる食事ばかりしていると、インスリンが出にくくなってきます。
いわゆる糖尿病です。
血糖値が高い人はインスリンダイエット食がオススメです。
食事の糖質に気を付ける食事をしてインスリンを余り使わないようにします。
いわゆる糖質制限食ともいいます。

糖質制限食について

糖質制限糖質制限食では1日の糖質摂取量が決まっていて、江部康二先生が糖質制限食のエビデンスを集めた本を出版されています。
糖質制限食は特に高血糖な方にオススメです。
たくさんのエビデンスがあるので非常に参考になります。
ただ、誰でも糖質制限食が当てはまるかといわれるとそうでもないと思います。
特に運動量の多いスポーツ選手はある程度の糖質を補給し、エネルギーにかえないといけません。
流行に流されることなく、自分の状態にあった健康方法を選ぶことが大事だと思います。

ちなみに江部康二先生の【糖質制限食10箇条】なるものがあるので紹介しておきます。

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

出典 ドクター江部の糖尿病徒然日記

インスリンダイエットと腸もみについて

腸マッサージインスリンダイエットや糖質制限食が血糖値を上げないでインスリンを抑えるやり方ですが、
腸もみは逆にインスリンを促すやり方です。
なので糖尿病でインシュリンを服用している方は腸もみは出来ません。
腸もみをするとインスリンの出過ぎになってしまいます。インスリンを服用していない方だと腸もみで血糖値が安定してくるので、逆にオススメですが、血糖値を安定させるために腸もみを受ける人はまずいません。便秘解消や美肌目的やダイエット目的が多いかなと思います。

腸もみの第一人者、砂沢先生はご自身の母親の目が腸もみによって改善されました。
また、子宝に恵まれたり、生理不順が改善したり、いろんなことが起こります。
ただ、一回で良くなる人もいれば、回数を重ねないと良くならない人もいます。
回数を重ねる場合も徐々に改善に向かっているので本人が気づかない場合もあります。
ただセラピストが気付くこともあるので、しっかり本人に伝えたりします。
少しの変化でも前進です。
あきらめずに食事と腸もみでしっかり恒常性機能の回復をはかり、
スッキリした毎日を過ごせるようになってもらいたいと思います。

便秘とむくみを解消するだし汁


腸元氣堂で
本格的にだし汁を食事改善メニューにいれたのは
2017年11月ごろからです。

それ以降、
便秘改善の速度が早まり、
むくみの解消と顎関節調整との相乗効果で
小顔になる人が増えました。

ではなぜ、
だし汁がそんなにも効くのでしょうか。

その答えは【胃】にあります。

便秘の原因のひとつに
消化不良があります。
だし汁は
胃に軽い筋トレを与え
胃酸の分泌を促します。

胃酸が分泌されるようになると
お肉のタンパク質を消化する能力が
アップします。
いわゆる
未消化便秘が改善されます。


次にむくみに関してですが、
むくみの原因の一つに
血中の総蛋白不足があります。
血中の総蛋白は
だし汁ですぐに出来上がります。

だし汁を飲んで
トイレに行きたくなるのは
身体のむくみを形成していた水分が
血中に戻り、
腎臓で電気分解され
排泄されるからです。

だし汁は
消化しやすく
吸収されやすいことが
最大の特徴です。

腸もみ前後に
だし汁を飲むと
むくみ改善に
さらに効果的です。



さて、だし汁の簡単な作り方ですが、

材料は、
かつお節、こんぶ、しいたけ、カタクチイワシ、です。

だし汁 その材料をどんぶりに入れ、ラップなどで蓋をし、冷蔵庫に入れます。

だし汁について 半日から1日、冷蔵庫に入れておくと、
ジワリジワリとダシがとれてきます。

だし汁の作り方 ※この時点で飲んでる方もお客様にはいます。
それでも効果があるみたいですね。

炊飯器に入れ、半日からぐらい保温します。
そうすると温かいだし汁が飲めます。

だし汁の効果
出来上がり^_^


だし汁保温 忙しくてだし汁を作る時間がない方には
サプリダシがオススメです。

サプリダシ

迷走神経求心性神経線維に働きかける腸もみ整体

神経系は身体の内部・外部の情報を得て、統合し、適切な命令を身体各部に命令するシステムで神経系が動くには脳や脊髄(中枢神経)からの命令には先ず身体の感覚情報(見たり聞いたり触ったり、胃に物が入ったり)が必要です。


→こちらのユーチューブ動画参照



内臓系は自律神経なので、私たちの意識化ではなく、勝手に動いてくれてるイメージがあります。


特に気持ちの部分でリラックスした方が胃腸が動いてくれるというイメージが先行しがちですが、胃腸への直接的な刺激もしっかり脳に作用していると思われます。
朝ご飯を食べて胃に食べ物が入って仕事をしていても胃腸は働いてくれています。
なのでお昼にはお腹がすいたりします。

朝に胃に物が入ったという情報が脳(中枢神経)に伝わり、脳(中枢神経)が命令を出し消化液を出したり、扇動運動をさせたりしているのだと思います。


腹腔内臓器には内臓神経、迷走神経が分布していて、遠心性線維よりも求心性線維の方が多く、腹部での迷走神経の75~90%、内臓神経の50%が求心性線維だということが最近の研究では判明しているみたいです。

→こちらの論文「求心性神経路によるエネルギー代謝調節


求心性とは例えば胃腸から脳(中枢神経)へ
遠心性とは例えば脳(中枢神経)から胃腸への神経の流れのことをいいます。

求心性と遠心性の神経線維は物資的に明確に分かれていて、その多くが求心性神経線維だということは
腹腔内の情報を脳や脊髄(中枢神経)は重要視していて、そこからの情報を元に、内臓の筋肉を動かしたり、ホルモンを作ったり、栄養を送ったりしているのかなと思います。

胃腸は身体を構成する材料を作るところで、どんな材料があるかで身体の構成も変わってくるなと予想できます。
私のサロンではまず、アミノ酸を重視してます。
血管や筋肉、ホルモン、皮膚、粘膜、また情報伝達物質の構成要素を満たしてあげることが大事かなと思います。
そのアミノ酸を人仕様に変える最初の器官が胃腸です。
腸もみをと通して求心性線維を刺激することで現在の胃腸の情報を伝え、胃腸の機能をアップしていくことは身体にとって有益だなと感じます。



【おすすめアミノ酸】
ご購入はこちら

紹介者欄に「腸元氣堂」と入力して頂くと、ご来店時にプレゼントを差し上げます。



健康的な痩せ体質の基本は胃腸にあり

ダイエットの行き過ぎを懸念する気になる記事が2つありました。

日本産科婦人科学会(日産婦)は6日、妊娠中の女性が出産までに増やすべき体重について、新たな指標を公表した。
体格指数(BMI)18・5未満の「痩せ」の女性の場合は、従来より3キロ多く増やすことを推奨する。
詳細はこちら



国が推奨する「妊産婦のための食生活指針」が2006年の初版以来15年ぶりに改定された。
改定のポイントは「妊娠前からの取り組み」。表題にも「妊娠前からはじめる~」と頭書きが加わった。
専門家は「妊娠の可能性がある人は、受胎前から改善に取り組んでほしい」と呼び掛けている。
▽痩せが大幅増
国立健康・栄養研究所の滝本秀美栄養疫学・食育研究部長によると、
妊娠前に焦点が当たったのは「日本の女性で低体重(痩せ)の割合が大きい」ことと
「受胎から千日間の栄養状態が、将来の健康に大きく影響することが定説になった」ためだ。

滝本さんによると、
女性の平均体格指数(BMI)中の痩せの割合は
1973年、20代で15・1%、30代で7・2%だったのが、
2017年にはそれぞれ21・7%、13・4%と大幅に増えた。

痩せや体重減少は排卵障害(月経不順)の原因の一つ。
女性ホルモン分泌の低下や閉経年齢の低下、骨粗しょう症のリスクがある。
早産や低出生体重児の割合も高いと報告されている。
「健康で痩せている人もいるが、経済低迷で生活が厳しく、栄養摂取が不十分な恐れもある。日本では依然、痩せ指向も強い」と懸念する。
詳細はこちら



私のサロンにも以前ダイエットのし過ぎで身体を壊し、便秘になり、生理が来なくなり、むくみが気になり、という方がご来店されていました。


この方は便秘解消と薬を使用してではありますが生理関係が大きく改善され、むくみによる怠さが減少されました。
2つ目の記事で滝本さんもおっしゃってますが、あくまでもBMIは基準で、それが全てではありません。

自律神経の稼働状況を目覚めや排泄、顔色などチェック項目はたくさんあります。
❛病気ではないが何か変❜という状況、いわゆる未病の状況を放置せずにしっかり改善していくことが大事なのではないかと考えます。

腸もみ整体は自律神経を整えるのに最適です。
健康的な痩せ体質の基本は胃腸にあります。
お腹をへこませたいなら腸もみ整体がおすすめです。

腸もみ整体でもしっかり健康的に痩せ体質に変わっていかれた方はいます。
特徴としては体重の変化よりも見た目が変わります。
それはだし汁による筋肉を増強と骨密度アップが大きな原因だと考えます。
下記写真はお客様の実例です。
顎関節調整は150分以上のコースで選択可能です。

実例 3月29日


実例 6月14日4回目

腸もみ整体前後でだし汁

私のサロンで本格的に毎朝のだし汁を食事改善メニューに入れたのは2017年11月頃からです。
それ以降、便秘解消の速度が早まり、むくみ解消と顎関節調整との相乗効果で顔になる方が増えました。
今ではセルフケアでの毎朝のだし汁以外にも腸もみ整体前後でだし汁を飲んでもらっています。
そのためもあり一度の施術でも顎のラインが整ったり、お腹のラインが整ったりしてくるようになりました。


ではなぜ、だし汁が効果的なのでしょうか。
その答えは「消化吸収代謝」の速度にあります。
まず、便秘解消される方が増えたのは便秘解消の原因が【胃】にあったからだと思われます。
胃で未消化だった食べ物は身体にとって異物です。
異物は胃腸の粘膜を消耗し、上皮細胞を傷つけます。
上皮細胞の炎症は扇動(ぜんどう)運動が鈍ったり、ぽっこりお腹やハリの原因だったりで、こうなると便通も悪くなるなと思います。
だし汁は消化吸収代謝の速度が速く、胃酸の分泌をほどよく促し、他の食事に関しても消化を助けます。
なので、便秘解消が早いのだと思われます。

また、顎のラインが整ったり、お腹のぽっこりラインが整ってくるのは血中のアルブミン濃度がアップして、血管の道幅の確保が出来たからだと思います。
写真は120分コースの方ですが、施術中に1回〜2回トイレにいかれました。

身体の余分な水分が血管に浸透圧され戻ってきて腸もみで腎機能も刺激されて働き出して排泄されたのだと思われます。

だし汁の作り方

さて、だし汁の作り方ですが、材料は鰹節、カタクチイワシ、昆布、干ししいたけです。



その材料をどんぶりに入れラップなどで蓋をし冷蔵庫にいれます。


半日から1日、冷蔵庫に入れておくとじわりしをりとだしがとれてきます。
※この時点で飲んでる方もいます。

その後、材料ごと鍋で温めたり、炊飯器で保温にして温めたりすると美味しくなります。

出来上がり


朝が忙しかったり、仕事のリフレッシュタイムには顆粒で手軽なサプリダシがオススメです。
ご購入はこちら

※ご購入時に紹介者欄に「腸元氣堂」とご入力頂くとご来店時にプレゼントをさしあげてます。


 


漫画で分かる腸元氣堂

腸もみ整体150分コース

 








腸もみで筋骨量アップとむくみ解消って??

当腸もみサロンに来られるお客様は便秘解消を目的にされている方が多いのですが、
1回目の施術でむくみが少しずつ解消し、ウェストがきゅっとする方が多いです。
(120分以上のコースご利用の場合)
 


この状態を維持してもらうためにも食事の改善は欠かせませんが、維持できている方の特徴としては自発的にも食事の改善をされているように思われます。
胃腸の状況が変化してくると味覚にも変化が起こるのでそのためもあるかと思います。
逆に維持できていない方をヒヤリングしていると、アイスやお菓子、チョコから抜け出せない方が多いように思います。
当サロンでは、お菓子の替わりにナッツなどいろいろとお菓子辞めアイテムを紹介しますが、こういう嗜好品は依存性が高いのも事実です。
お菓子は脳を直接急激に刺激し、一気に血糖値が上がるので、その後の反動がどうしても来てしまうので体調不良の原因にもなります。
そして血糖値が急激に上昇すると血管が傷つきます。

血管が傷ついてしまうと・・

血管が傷つくと、そこを修復しようとコレステロールが活躍し、血管の壁を厚くするのですが、これが血管を狭くし血流の流れが悪くなる原因になったり、また血管が引っ付こうとして狭くなってしまいます。
この引っ付きも身体の防衛反応なので仕方ないのですが、毛細血管などは閉じてしまいます。

整体中に筋肉が固い方にヒヤリングすると、姿勢が悪いことだけが原因ではなく、食べてるものも原因なのかなと思ったりします。
例えば、缶コーヒー、スタミナドリンクなど。
たくさん砂糖が入ってます。

腸もみでウエストが引き締まる??

さて、自分で乗り越えなければいけない壁はありますが、乗り越えて意識を変えてくださった方は、最初ウエストが変わってきます。
なぜウエストなのかと考えた時、やはり腸管を直接刺激するからなのかなと思ったりします。
あと、当腸もみサロン腸元気堂に通う方の変化の特徴として、体重よりも見た目が変わります。
それは筋骨量がアップしたからと、むくみが少しずつ解消されていってるからだと思います。
筋骨量アップは身体の吸収率が良い時にだし汁を飲んでもらっているからだと思われます。
吸収率が良い時とは朝起きた時、疲れたり、イライラした時、運動後、整体や腸もみ後です。

当腸もみサロンでは施術後にだし汁を飲んでもらってます。
当サロン施術は、整体と腸もみセットなので、腸にフォーカスしている分、より吸収率がアップしていると思われます。基本的に口から入れたものは、胃腸を通過して肝臓経由で全身を巡ります。
だし汁は胃腸が悪い人でも筋骨量がアップしますが、やはり施術後の吸収率が良い時に補給すると有効な気がします。
筋骨量がアップすると、当然代謝がアップするのでエネルギー消費が活発に行われ、溜まりにくい身体になっていきます。

むくみに関しての原因について

むくみに関してはその原因が、
1、リンパのつまり
2、アルブミン不足
3、胃腸の機能障害
などがありますが、
当サロンでは程よくカバーしています。

1、リンパのつまりですが、リンパにしっかり運動してもらうためには
1-1筋肉の収縮運動
1-2関節の曲げ伸ばし
1-3、皮膚刺激 があります。

1-1、筋肉の収縮運動ですが、
腸管も含めて、身体全体の筋肉をほぐすことにより運動の出来る筋肉にしていきます。固い筋肉では充分な運動を行うことができません。
また、腸管にはリンパ節が100個以上あり、腸もみで腸管の筋肉を運動させることは非常に有効なことだと思います。
そして、手首、肩甲骨、足の指先、などの関節もストレッチを入れて、ほぐしていき、
1-2、関節の曲げ伸ばしがやりやすくなります。
1-3、皮膚刺激ですが、これは私のサロンではアロマを使っています。塗るだけでリンパが動き出すので有効な手技だと思います。


アルブミン不足について

次にアルブミン不足ですが、先程のだし汁が活躍します。
アルブミンは血中で水分を保持したり、ミネラル、ビタミンを輸送したり、しています。
むくみの原因のアルブミン不足というのは、血中に水分を保持できないで、間質液が増えてしまうからです。
間質液とは細胞と細胞の隙間のこと。
ここに水が溜まるとむくみになります。
当腸もみサロンでは血中のアルブミン濃度を上げるのにだし汁を使っています。胃腸の機能障害でも身体への吸収がよいからです。


腸の機能障害について

次に胃腸の機能障害ですが、ここはやはり胃腸を直接刺激する腸もみが有効だと思います。だし汁とセットで行うとより効果的です。
だし汁は胃を強くすることでも活躍します。

最後に

当腸もみサロンではこのようにして、筋骨量アップのむくみ解消が行われ、見た目スッキリになっていくわけですが、どれが欠けてもダメだなと思います。
だし汁で筋骨量アップにむくみ解消していく要素はありますが、胃腸の機能障害だとその他の食べ物が消化吸収し辛い状態になり、健全とはいえません。
やはり胃腸の強化はしていかないと、本当の意味での体質改善にはならないなと思います。


リンパの流れを作る腸もみ整体

リンパの流れの仕組みを知る

血管と同様に体中に張り巡らされているリンパ管。
毛細血管で吸収しきれない水分や大きな分子の老廃物はこのリンパ管から回収されてリンパ液となり、抹消から深部の静脈へと流れ込みます。

体表付近の毛細リンパ管以外のリンパ管は集合リンパ管よりも深部になると平滑筋で覆われています。
その平滑筋は自律神経支配なので、ゆっくりではありますが、それにより1分間に2から6回程度収縮を繰り返します。
リンパ管も自力で動いてます。
一度、毛細血管中の間質液がリンパ管に回収されると、多くの弁により一定方向にしか移動しないため、再び、間質液中に逆流することはないですが、体幹でのリンパの処理速度が間に合わないと、回収しきれない間質液が溢れ出します。
むくんでいる状態をリンパが詰まるとよく表現しますが、確かに詰まってると表現できるなと思います。
むくみが気になる方はリンパ管の自発運動だけに頼るのではなく能動的にリンパ管を動かすこともできるので、意識してみてもいいと思われます。運動、ストレッチ、整体による骨格筋の伸縮、深呼吸、腸もみによる消化管の運動、関節の曲げ伸ばし、アロマなどによる皮膚刺激、など。



01骨格筋の伸縮と関節の稼働

リンパの大きな流れを作るには先ず骨格筋の収縮が大切です。運動でも筋肉は伸縮を繰り返しますが、リンパの流れをよりスムーズにするためには普段動かさない部分の稼働を広げることが必要だと感じます。足のむくみで言うとしっかり指先が運動できているかどうかはふくらはぎや太ももの運動とも関連してくる大事な筋肉であり、関節です。

この部分のケアにより、普段の歩行がより効果的に足の骨格筋を動かし、関節を動かすことにつながります。

02呼吸

全身のリンパの流れは最終的に左右の鎖骨下静脈に流れ着き心臓に戻ってきます。これらの静脈は鎖骨付近にあります。
ここの流れを大きくすることは全身のリンパの流れを大きくすることにもなるので大事だと思います。
深く呼吸ができるようになることで鎖骨が動くようになり、鎖骨下静脈と頸静脈の流れも良くなります。
深い呼吸のためには肋骨の動きが大事で私のサロンでは肩甲骨ストレッチ、背骨のストレッチ、デコルテをケアすることなどで行ってます。
デコルテケアの時、特に左鎖骨が硬い方が多いですが、それは右鎖骨下静脈と左鎖骨下静脈の請け負っている仕事量の違いによるものが大きいかもしれません。図のように左と右ではリンパの受け入れる範囲が違ってきます。そのため左鎖骨付近のケアは特に大事だと思われます。

03皮膚刺激

アロマトリートメントがむくみに効果的だとよく言われていますが、リンパの流れを作る特徴として皮膚刺激があるので、理にかなった施術方法だと思います。
私のサロンでも経絡や関節部分をアロマで圧しこみながら流すようにしています。


リンパの流れを作る腸もみ整体

最後に腸もみでリンパの流れを作っていきます。腸管には100個以上のリンパ節があります。また、お腹の背骨近くには乳び層という大きなリンパ節があります。乳び層は腹部や下半身全体のリンパの受け入れを行っていて、歩いたり、走ったり、座ったりから生じる老廃物を受け入れることにより人間の基本動作を維持しています。

 また、腸管に100個以上存在するリンパ節は、脂質代謝にも大きな役割を担っています。
腸もみは腸のリンパを動かすだけでなく、下半身の流れにも大きく関わっているので足のむくみ解消に大きく貢献していると思います。

私のサロンでは基本的にホットストーンを使って腸管を温めながら行います。温めると腸の平滑筋も動きだしてくれるので、リンパの流れを作るのに必要な筋肉が動き出してくれることもむくみの解消に有効だと思います。

腸管の上皮細胞を生かした便秘解消

理想の便通について


便秘解消には便の内容が大事です。
よくバナナ状にすっきりした便通が理想とされてますが、そのような便をするにはどうすればよいのでしょうか?
便は水分が約80%の他に腸内細菌の死骸、腸管の上皮細胞の剥がれ落ちたもの、食べかすがそれぞれバランスよく配合されてます。


腸管の上皮細胞の剥がれ落ちたものってなに?

腸管の上皮細胞の剥がれ落ちたものってなんでしょう?
腸管の上皮細胞は食べたものの栄養などの吸収と粘膜を作り出すことによって異物から身体を守るための役割と、相反する2つの役割を担っています。
この機能を守ることは身体の健康にとって大事だなと感じます。

異物から身体を守るための粘膜は鼻や口、目、肛門、子宮などいたるところで身体を異物から守っています。
この粘膜自体が抗体を作り身体を守る働きと、粘膜自体がバリアになり、また剥がれ落ちることによって身体を守る働きがあるように思います。

この剥がれ落ちる能力が低下すると、

  • 目鼻口は花粉症の症状に苦しむ
  • 子宮は生理痛や生理不順になる
  • 肛門は切痔
  • 腸管内は便秘
になるのかなと思われます。

便秘解消では大腸上皮粘膜の剥がれ落ちる能力のアップがひとつのカギになるのではないかと思われます。


大腸上皮脂肪粘膜が剥がれ落ちる能力のアップ方法について

こちらの論文に大腸上皮脂肪粘膜が剥がれ落ちる能力のアップ方法が掲載されていました。
"腸管細胞増殖と腸管フローラ"

大腸上皮粘膜を増やすのには短鎖脂肪酸が効果的で、その中でも酪酸が効果的です。
酪酸は腸内細菌の善玉菌です。
その中でも酪酸を増やす腸内細菌がいます。
その腸内細菌を育てるのにペクチン(水溶性食物繊維)が有効だとラット実験で証明されていました。

大腸上皮細胞粘膜がしっかり機能すると食べかすなどの異物は体外に出そうとする流れに自然と向かうと思われます。
排便は腸の扇動運動だけで行われるものではなく、こうした粘膜のバリア機能とともに行われるのかなと思います。

食事改善について

食事改善は腸もみ整体とセットで行うと効果的です。
お腹の自分では気付きにくい部分にアプローチしていきます。
一度、お試しください。

【ペクチン食材】
(野菜)人参、パプリカ、なすび、キャベツ、大根、など
(果物)リンゴ、みかん、アプリコット、洋梨、さくらんぼ、柿、すいか、いちご、桃、など



ぽっこりお腹〜消化不良系〜(化学調味料)

消化不良を起こす原因を上げるとすれば、
トランス脂肪酸や化学調味料を使った食品になるかと思います。

腐らない様にしたり、見た目をよくしたり、増量したり、
味を安く仕上げたり、使い方はいろいろあります。

そのおかげで長距離移動でも品質を保てたり、
原価を安く出来たり、その恩恵を今でも受けることはあるので
完全に否定できないですが、
基本的にこれらは食べ物ではないので消化できません。

消化できないと、やはり小腸がトランス脂肪酸や
化学調味料を異物として扱うことになります。


そのまま、トランス脂肪酸や化学調味料の部分だけ、
便や尿で出てくれると良いですが、
100%排出は出来てないだろうと思われます。

では、身体の栄養にもなれず、
身体の機能を補助するわけでもなく、
排出もできないトランス脂肪酸や化学調味料は
一体どこへいくのでしょうか?

タンパク質や脂質と同じ様な吸収代謝経路を辿り、
血中に潜り込み、身体の一部になるものと思われます。

ただ、身体の構成要素の一部にはなっても
それらは正常に機能できず、冷えやむくみの原因になったり、
筋肉の質を硬くしたりしてるのかなと思われます。

このこともお腹の張りやぽっこりを
形成しているのではないかと思われます。

東京腸もみサロン腸元氣堂では
身体にこびりついたトランス脂肪酸や化学調味料は
低温ミストサウナにいってもらい、
しっかり毛穴からデトックスしてもらうように促してます。

このデトックス方法は
よく有害重金属や放射性物質のデトックスにも用いられる方法で
トランス脂肪酸や化学調味料も同じ方法でデトックス出来ると思います。

ただ、一回で一気に出し切ることは出来ないと思われます。
身体の代謝速度もあるので長年溜め込んでいた
奥の奥に存在する異物はその代謝を
待たないといけないのかなと思います。



私のオススメしている
嵐の湯という鉱石ミネラルのミストサウナに
通っているお客様も一気に冷えや身体の不具合が
良くなるわけでもなく、
徐々によくなっているので、そう思います。


身体の老廃物を出すには汗腺からの汗ではなく、
毛穴からの汗でなくてはいけません。
おおまかに分けると、汗腺からの汗は体温調節、
毛穴からの汗はデトックスにならります。

あと嵐の湯の特徴として
体内温度を42度に保つことも大事かなと思います。
42度とはいわゆる高熱の症状です。
この状態は免疫力が最大限に発揮され
身体のデトックスが最大限に行われる体温です。
この状態に身体を維持出来る
サウナはなかなかないのかなと思います。


あと注意点としては
サウナは悪い物質も出しますが、
良い物質も出します。
デトックス後の身体に
良質の栄養、ビタミン、ミネラルを
補充しないといけません。

この時に大事になってくるのが、
綺麗な血液を
しっかり身体に送り込んであげることだと思います。

しっかり排泄出来る身体になることは大事なことです。
皮膚からのデトックスで異物を取り除いた身体は
腸もみの反応が出やすくなります。
腸管も冷えやむくみが少なくなると
動きやすくなるのだと思います。

健康な身体を維持するためには
自律神経を整え、腸管を動く様にして
しっかり毎朝排泄して
血液をキレイな状態にしてあげないといけません。
キレイな血液で身体を作れるようになって
サウナの効果もより一層上がるのかなと思います。

サウナは皮膚からの排泄、腸もみは胃腸からの排泄、
それぞれ関連してますが、役割は違います。

東京腸もみサロン腸元氣堂をご利用いただいた場合、
その辺りのサポートをさせてもらえたらと思います。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

便秘・むくみ・冷え・ストレス・不眠・肩こり・腰痛・ダイエットなど、体の不調でお悩みなら、まずはお電話ください!

03-6662-4642

初回20%OFF

WEB予約

銀座 Yim Yim Studio中延店 綾瀬 つくば
総合受付 13:00~23:00(最終受付22:00) ※店舗によって営業時間が異なります