• 初回限定! 20%OFFキャンペーン実施中
腸元氣堂 03-6662-4642

総合受付 9:00~23:00 (最終受付22:00)
※店舗によって営業時間が異なります

腸元氣堂 六本木店
〒106-0032
東京都港区六本木4-9-8
リラビル3F
※13:00~翌5:00

腸元氣堂 銀座店 ※女性限定
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-9
栄楽ビル4F
10:00~21:00(月・水・金)
12:00~22:00(木)
10:00~19:00(土・日・祝日)
火曜日定休

腸元氣堂 末広店
〒〒101-0021
東京都千代田区外神田4-7-3
田中ビル4階

腸元氣堂 綾瀬店
〒120-0005
東京都足立区綾瀬2-5-10
高富ビル102

腸もみは体調不良・便秘解消・むくみの解消をしたい方におすすめの施術です。
ぜひ腸元氣堂でお試し下さい。

WEB予約

HOME > からだを元氣にする腸もみブログ

からだを元氣にする腸もみブログ

だし汁と腸もみ体験

だし汁を日常にするといろんな体験をします。

私のサロンに来てくださる方も
お菓子が辞められた食べ過ぎが無くなった
便秘が解消した体重が減った
肌がきれいになったなど
たくさんの体験が出ました。


結果が出やすい飲み方としては、
やはり朝に飲むことが一番のおススメです。
朝は身体のリセットのタイミングだからです。

朝は胃に何か物が入って作用を起こすホルモン達がいます。
また、動き出す筋肉のエネルギーになるのは食べたものです。
朝は身体が食べ物を受け入れる準備をしているのです。

そんな朝に消化吸収代謝のスピードがピカ一のだし汁は身体に素早くなじみます。
忙しい朝には素早くエネルギーに変わってくれることは嬉しいポイントだと思います。

また、だし汁を夜に飲むと消化吸収代謝のスピードが早いので
血中の総蛋白をアップさせてくれるのではないかと思います。


総蛋白は脂肪から脂肪酸に変わった状態のものを
脂肪細胞から血中に移動する時の案内役になってくれます。
お家から外出するイメージです。
なので睡眠中のエネルギー代謝でも大きな役割を果たしてくれていると思います。

夜に食事をするとインスリンが出て成長ホルモンがその作用で少なくなると、
脂肪が脂肪酸に変わりにくくなりますが、
だし汁だとその点は大丈夫だと思われます。

チェックポイントしては朝の目覚めにあると思ってます。
いつもよりしっかり目覚めが出来るのであれば夜のだし汁は有効かなと思います。


夜の食事に関してはいろいろチェック項目があるので
だし汁を飲むこと以外にもいろいろチェックしないといけないですが、、


また、筋肉量を増やし代謝をアップさせたい方は
運動前と運動後に飲むこともおススメです。
運動前は筋肉が分解されないように、
また運動後は脂肪が分解された後、
スムーズにエネルギーに変換できるように、など。


運動といえば腸もみを受けることも運動です。
腸もみ前と腸もみ後にだし汁を飲んでもらってますが、
便秘解消やむくみ解消の大きな助けになってると思います。


私のサロンでご紹介しているだし汁は
カタクチイワシ、しいたけ、昆布、鰹節がベースになってます。
そのうまみ成分を抽出してるだけなので
「美味しい」が
凝縮された感じになるので続けられるのかなと思います。

味覚も胃腸が変化していけば変化します。
素材の味を美味しいと感じられるようになります。

だし汁で自分の身体の本当の能力に気づく人増えてます。

~作り方~
干ししいたけ、昆布、鰹節、カタクチイワシを準備します。

丼に入れ、冷蔵庫で半日から一日ぐらい寝かせます。

朝に飲むようにするには
夜に冷蔵庫で寝かせただし汁を
炊飯器で保温しておくと
朝には温かいだし汁が飲めます。
また、朝に鍋で煮込んでも大丈夫です。

出来上がり


自分史上最高の綺麗を内側と外側から目指すコース180分

自分史上最高の綺麗を内側と外側から目指すコース180分のご紹介


内側と外側というのは胃腸とお肌のことです。

内側はITT腸もみと整体と食事改善で行います。
外側は肌の気になる一部分をアミノクレンジングで膨潤させて
パルシア乳液でランゲンハンス細胞を活性化させ
免疫力を使って肌の潤いを整えていきます。

内側から綺麗になるコツは血を綺麗にすることです。
血を綺麗にするためには腸もみ整体と食事改善で胃腸を綺麗にすることが一番です。
外側からは肌ケアでランゲルハンス細胞を活性化させて
綺麗な血をしっかり肌に生かせるようにしていきます。
肌の潤いは綺麗な血で作ります。
その調整役がランゲルハンス細胞なのです。
自分史上最高の綺麗は内側からと外側から目指して欲しいなと思います。

【ITT腸もみ整体の詳細説明】
ITT腸もみは仰向き横向きで小腸と大腸をケアしていきます。
特にぽっこりお腹が気になる方には骨盤を持ち上げて坂道を作りケアしていきます。

背骨調整は主に起立筋、肩甲骨、頸など上半身ののケアを行い呼吸を吸いやすくするために行います。
呼吸を整えるとリラックスしやすくなるので腸もみをする際にも有効です。
また、背骨調整は脳幹からの自律神経の流れをスムーズにすることも腸管との連携を促すのに役立ってます。

骨盤調整は内臓全体の受け皿として働いています。
なので骨盤を整えると腹腔内が整い腸管が動きやすくなります。
整体は身体全体の軽さを実感してもらえると思います。
血が綺麗でも身体の流れが滞っていると綺麗な血が全身に行き渡りません。

また、身体が固いと少しの刺激で知らない内に緊張してしまってます。
気持ちの部分も胃腸に与える影響は大きいです。
ストレスは胃にも肌にも現れやすいです。
身体が柔軟だとストレスに柔軟に応対できます。


【パルシア乳液とランゲルハンス細胞の説明】
ランゲルハンス細胞は脳幹と連携して肌を守る免疫力細胞です。
先日行われた実験でパルシア乳液がランゲルハンス細胞を活性化させ
肌を修復させるのに有効だということが学会発表されました。
まず図1がパルシア乳液でランゲルハンス細胞が増加したデータです。
(図1)

次の図2はステロイドで炎症を作りパルシア乳液で回復したデータです。

(図2)

参考資料⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/d82h3

肌は考えてます。
表皮層にはタイトジャンクションという外敵から身を守る壁があります。
この壁を有効に活用するためにはランゲルハンス細胞が必要です。
また、外が乾燥している場合、
内側から潤いを出して肌の乾燥を防ぐためにもランゲルハンス細胞が必要です。
肌の状況に対応して脳幹とコンタクトを取り、いろいろ考えているのが
ランゲルハンス細胞です。
そのランゲルハンス細胞の大好物がアミノ酸複合体なのです。

ちなみに
嫌いなものは界面活性剤やステロイドです。
 


意外なストレス

〜便秘解消の一歩手前で起こること〜

ストレスはどういう時に感じるのでしょうか?

それは
【今までの自分と変わること】に
感じるのだと思います。

すぐに気付けるストレスとしては
怒られたり、けなされたり、
思い通りにいかなかったり、
【今までの自分】を否定されること。

また、事故を起こしたり、別れや出会いだったり、
【今までの自分】で居れなかったり、
【変化せざるを得ない状況】はストレスになると思います。


さて、私のサロンは便秘解消にたくさんの方が来て頂きます。
その中には小さい時から便秘だった方もいらっしゃいます。

このような方も施術やセルフケアでの食事改善で
毎日出るようになる方はたくさんいます。

そのことは喜ばしいことなのですが、
たまに【出る手前になって、その変化】に
ストレスを感じる方がいます。

心理学を学んで見て感じたことは
【毎日便が出るようになった】ということに
【今までの自分と変わる】という不安を
感じてしまう方がいるなということ。


この変化は本人にストレスの自覚がなく、
無意識に感じるので
なかなか分かり辛いストレスのケースだと思っています。
本人は治りたいと思っているので
自覚するのは非常に困難です。

この様な時はまず無意識レベルのストレスがあることを
知ってもらうことがまず大事だと思います。
そして、出るようになった自分をしっかり受け入れてもらうこと。

全ての人に当てはまる訳ではないですが
【出ることが当たり前】には心構えも必要だと思われます。

心構えといっても特に難しいことをする訳でもなく、
まずは気付けないストレスに気付けるようになることです。

無意識レベルのストレスはまず気づいてあげることが大事です。

綺麗になりたいは爬虫類脳

先日、お客様の肌質がすごく変わって綺麗になってました。
そのことを話すと、すごく喜んで頂けました。


腕や脚の変化だったので、
周りの人にはまだ言われてないようですが、
確実に肌質が変わってきてます。


毎日、だし汁を楽しく実践してるみたいで
美味しいから楽しく実践できるのかなと思ってます。

なので「美味しい」って大事なことだなと思います。

ただ、さらに前向きに継続していくには
もうひとつ大事だなと思っていることがあります。

それは本能を生かすこと。

女性には「女性は綺麗になりたい」と
思う気持ちを誰もが持ってると思いますが、
実はそれは本能です。


そのことも話すと妙に納得され、
さらにやる気になって頂くことが出来ました。


女性が綺麗になりたい、
おしゃれしたい、と思うことは

爬虫類脳で脳幹の働きによるもので本能的な欲求です。


人は本能が働くと行動に移しやすいです。

また、爬虫類脳は生命を維持するための働きもするので優先度が高いです。

人は正論では動きませんが、
綺麗になるためだと本能なので
行動しやすくなります。

さらに美味しくて、綺麗になる、だと、
継続しやすくなると思います。


余談ですが、だし汁の美味しさは
アミノ酸ですが、アミノ酸量としては少ないので
摂取し過ぎることはまずありません。
飲み過ぎの場合、閾値に達した場合、
欲しく無くなるかと思います。

単体に精製されたアミノ酸だと、
辞められない止まらない、に
なってしまうので注意が必要です。

あと、本能だけで行動すると
無理なダイエットをしたりして、
生理不順を起こしたり、食欲の反動が来たりします。

なので美味しく、楽しく、本能を利用して、
健康で綺麗になれれば、最高に良いなと思います。


世代間連鎖

世代間連鎖。

これは心理学で良く使われる用語です。
先日の心理学講座で
私のサロンでも生かせる考え方だなと
思ったことのひとつです。



親が子供に伝えたいことはたくさんあります。
子供は生きるために
親の言うことをあるがままに受け入れていきます。
いいことも悪いことも受け入れていきます。

親が良かれと思い伝えたことでも、
子供が大人になった時、
親から受けたことによって
生き辛さを感じるようになることがあります。

世代間連鎖とは
だいたいその様なことかと思います。
この世代間連鎖は
本人ではなかなか気づきにくいということも
特徴なのかなと思ったりします。

その講座では
病気にも世代間連鎖があることを
教えてもらいました。


例えば、私、乳癌なんです。
実は母も祖母も乳癌なんです。


こういう例はよくあるみたいで
遺伝もあるかもしれませんが、
世代間連鎖で乳癌になっていることもあり、
この連鎖は親子の関係の立ち位置を
明確にすることによって
この連鎖を解消することが出来る、と
いうことでした。

癌になってしまうと
病院に行っていろいろ情報を仕入れて
検査や治療をしてもらうところを
決めた方がよいと思いますが、

便秘や冷えやむくみなど
手前の未病に関することは
その段階でしっかり解消していった方が
よいかと思います。


私のサロンにも母も祖母も
ぽっこりお腹であったり、
大腸癌だったりで、
そのことに不安を感じてる方が
いらっしゃいます。

食事の改善、
適切な施術の他にも、
心理的なケアも必要なのかなと
感じることがあります。


心理的なことの解決は
文章にすると簡単だと思いますが、
そうなんだ、と
府に落とすことは
難しいのかなと思います。

私のサロンでは心理学的なことも
しっかり伝え、
参考に出来る部分は参考にしてもらい、
そういうことを知った上で
専門機関を探すこともありかなと思います。

いろいろな角度から
その人が健康になっていくお手伝いを
させてもらえたらなと思います。

ぽっこりお腹〜SIBOタイプ〜

お腹の張り感とぽっこりお腹の原因として考えられるのは,
小腸内細菌増殖症(SIBO)が挙げられると思います。


先日、参加した協会の勉強会で改めて教えてもらったのですが、
腸内細菌は短鎖脂肪酸や水素を発生させます。

これらは大腸内で発生すると、身体のエネルギーになったり、
活性酸素を少なくしたり、有益に働くのですが、

小腸内で腸内細菌が短鎖脂肪酸や水素を発生させると小腸が膨張します。
その結果、お腹の張り感やぽっこりお腹になったりします。

食生活の改善で真っ先に思い付くことは
野菜をたっぷりとりミネラル、ビタミンをたくさんとり、
腸内細菌も増やして快便を試みたりすると思いますが、

おへそ周りにお腹の張りを感じた場合、
違う方法で食生活の改善を試みた方が良いのかなと思います。

今まで良いとされてきた方法では逆効果な場合があるということです。
正確にご自分の状態を知りたい場合は呼吸の水素チェックが痛みもなく、よいかもしれん。

【参考資料】
https://jp.iherb.com/blog/what-is-sibo-and-what-can-help/248

参考資料ではSIBOを改善するには消化酵素が必要だとなってます。
サプリメントのサイト内の情報なので消化酵素サプリを紹介してますが、
食べ物をしっかり消化することは大事だと思います。

以前、葉野菜や芋類の煮込みを食べ過ぎて
お腹が張ってしまった方がいました。

それまでは順調に便秘を解消され、お腹の張り感も無くなり、
野菜を食べても何も問題なく、煮込み野菜を食べても大丈夫だったのですが、

その時は食べ過ぎてお腹の張りが出たみたいでした。
応急処置で施術させてもらい、
少し楽になり、その後食べ過ぎを控えるようにしてもらうと、
ゆっくりと落ち着いてきたみたいです。

その後は煮込み野菜の場合は
食べ過ぎに注意することと、消化酵素を含む食材で
野菜をとることで調整できました。

野菜は煮込んだり炒めたり火を入れるとたくさん食べれてしまいます。
また、野菜に含まれる消化酵素は火を通すと摂取することができます。

SIBOの場合もやはり消化不良や
消化能力を超える食事をすることが問題なのかなと思います。


さて、SIBOの方にもだし汁は有効だと思います。

だし汁は消化能力が弱い人でも消化できるからです。
また、吸収もよく、小腸に消化不良として残ることはまずありません。
また、胃を鍛えるのにも有効です。
また、小腸の絨毛を減らさないので
自分の消化吸収能力に自信のない方にもよいかとおもいます。

なので、だし汁で胃と小腸を鍛えながら、
消化酵素を多く含む大根などを生で食べて
普段の食事の消化を助けるようにするのが良いのかなと思います。
参考資料にもあるように消化酵素サプリを飲んでから食事するのもよいかと思います。


あと、私のサロンでは腸もみで小腸の扇動運動を促します。
SIBOは小腸で食べ物が停滞してしまうことも大きな原因かと思います。

消化も吸収も代謝も自律神経支配で自分の考えでは
何ともならない部分かと思いますが、腸もみで自律神経を整えて
消化吸収代謝がスムーズに行えるようにサポートさせてもらえたらなと思います。

悩みが無くなると暇になる

悩みが無くなると暇になる

 
野球シーズン終わりましたね。
そうなんです。
楽しみがひとつなくなりました。
 何か楽しいことを探さないとダメですね。
 近場の温泉とかいいんじゃないですか。
これは野球観戦が好きなお客様との会話です。

たとえば、野球観戦が趣味でそのシーズンが終わると
また、何か面白いことをすぐに見つけたくなる様に
その隙間を何かで埋めたくなります。

私も新日本プロレスが好きでG1クライマックスという
総当たりのリーグ戦が年に一回夏にあるのでますが、
それが終わると若干の喪失感があります。
これも隙間だなと思います。
何か代わりのもので埋めたくなります。

隙間にもいろいろあります。


頭痛がなくなり、
最近薬を飲まなくなりました。
よかったですね。^_^

野球観戦が好きで頭痛が悩みだったお客様との会話です。
痛みなど辛い症状が無くなると悩みが無くなりますが、
実は、これも隙間が出来た状態です。
悩みがなくなると、どうなるか、、

答えは、暇になります。
暇になると不安になります。

不安になると、
また慣れ親しんだもので心を埋めようとします。

何度も頭痛で悩んだり、
同じ悩みを引きずってしまうのは
その状態が安心だから。


先日学んだ心理学講座で、
ストンと府に落ちた学びの一つです。


セラピストって身体にアプローチして
身体を楽にしてあげることも大事ですが、
その人の心グセを見抜いて
お伝えすることも大事なのかなと思います。


先程のお客様との会話の続きですが、

最近は漬物を漬けたり、
だし汁で仕事終わりのストレスを解消したり、
厳しい上司がいなくなって
物腰柔らかい人が上司になったて、
毎日ビクビクしてたのが無くなったり、
身体の変化とあわせて、
いろいろな変化を報告してくれました。

野球観戦と頭痛の悩みが無くなって
自分の変化を楽しむようになって
すごく良い暇つぶしをしてるなと思います。

ぽっこりお腹〜消化不良系〜(化学調味料)

消化不良を起こす原因を上げるとすれば、
トランス脂肪酸や化学調味料を使った食品になるかと思います。

腐らない様にしたり、見た目をよくしたり、増量したり、
味を安く仕上げたり、使い方はいろいろあります。

そのおかげで長距離移動でも品質を保てたり、
原価を安く出来たり、その恩恵を今でも受けることはあるので
完全に否定できないですが、
基本的にこれらは食べ物ではないので消化できません。

消化できないと、やはり小腸がトランス脂肪酸や
化学調味料を異物として扱うことになります。


そのまま、トランス脂肪酸や化学調味料の部分だけ、
便や尿で出てくれると良いですが、
100%排出は出来てないだろうと思われます。

では、身体の栄養にもなれず、
身体の機能を補助するわけでもなく、
排出もできないトランス脂肪酸や化学調味料は
一体どこへいくのでしょうか?

タンパク質や脂質と同じ様な吸収代謝経路を辿り、
血中に潜り込み、身体の一部になるものと思われます。

ただ、身体の構成要素の一部にはなっても
それらは正常に機能できず、冷えやむくみの原因になったり、
筋肉の質を硬くしたりしてるのかなと思われます。

このこともお腹の張りやぽっこりを
形成しているのではないかと思われます。

東京腸もみサロン腸元氣堂では
身体にこびりついたトランス脂肪酸や化学調味料は
低温ミストサウナにいってもらい、
しっかり毛穴からデトックスしてもらうように促してます。

このデトックス方法は
よく有害重金属や放射性物質のデトックスにも用いられる方法で
トランス脂肪酸や化学調味料も同じ方法でデトックス出来ると思います。

ただ、一回で一気に出し切ることは出来ないと思われます。
身体の代謝速度もあるので長年溜め込んでいた
奥の奥に存在する異物はその代謝を
待たないといけないのかなと思います。



私のオススメしている
嵐の湯という鉱石ミネラルのミストサウナに
通っているお客様も一気に冷えや身体の不具合が
良くなるわけでもなく、
徐々によくなっているので、そう思います。


身体の老廃物を出すには汗腺からの汗ではなく、
毛穴からの汗でなくてはいけません。
おおまかに分けると、汗腺からの汗は体温調節、
毛穴からの汗はデトックスにならります。

あと嵐の湯の特徴として
体内温度を42度に保つことも大事かなと思います。
42度とはいわゆる高熱の症状です。
この状態は免疫力が最大限に発揮され
身体のデトックスが最大限に行われる体温です。
この状態に身体を維持出来る
サウナはなかなかないのかなと思います。


あと注意点としては
サウナは悪い物質も出しますが、
良い物質も出します。
デトックス後の身体に
良質の栄養、ビタミン、ミネラルを
補充しないといけません。

この時に大事になってくるのが、
綺麗な血液を
しっかり身体に送り込んであげることだと思います。

しっかり排泄出来る身体になることは大事なことです。
皮膚からのデトックスで異物を取り除いた身体は
腸もみの反応が出やすくなります。
腸管も冷えやむくみが少なくなると
動きやすくなるのだと思います。

健康な身体を維持するためには
自律神経を整え、腸管を動く様にして
しっかり毎朝排泄して
血液をキレイな状態にしてあげないといけません。
キレイな血液で身体を作れるようになって
サウナの効果もより一層上がるのかなと思います。

サウナは皮膚からの排泄、腸もみは胃腸からの排泄、
それぞれ関連してますが、役割は違います。

東京腸もみサロン腸元氣堂をご利用いただいた場合、
その辺りのサポートをさせてもらえたらと思います。

ぽっこりお腹〜消化不良系〜(乳製品)


腸元氣堂では傾向として
乳製品、特にヨーグルトを食べて
お腹を固くする方が多いです。

ヨーグルトは
健康食品の代表みたいな
イメージがあります。

乳酸菌をとり腸内フローラを
形成するにはよいかもしれませんが、
実は
胃が弱いと
ヨーグルトの乳タンパク質を
しっかり消化できません。
消化できないので
小腸では異物になります。

また、
ヨーグルトの乳タンパク質を消化する酵素は
赤ちゃん特有のものなので
もともと成人した人には
消化が難しいのかもしれません。

消化不良の乳タンパク質は
小腸にとって異物になります。
実は
このことがお腹の張りを
作っている原因になったりします。

たとえば、
お肉というタンパク質も
胃でしっかりと消化して
アミノペプチドの状態にしないと
小腸では異物になり、
吸収できません。

この記事のテーマであるお腹の張りは
この様な消化不良によっても起こります。

東京腸もみサロン腸元氣堂では
一定期間、乳製品を控えてもらい
消化吸収代謝がよいだし汁を
飲んでもらうことにしています。




だし汁は
胃が弱っていてもしっかり消化されます。
なので小腸に負担をかけません。

また、
筋骨量のアップにもなり代謝もあがり、
基礎体温のアップにもなるので
胃腸の機能回復にも役立ってくれます。

この様に自分のお腹の張りが
どのタイプかを知り、
食事の改善と一緒に腸もみをすると
お腹の張り感はとれやすいです。

ぽっこりお腹〜食べ過ぎタイプ〜

お腹の【ぽっこり感】や【張り感】が気になる方は、
まず自分がどのタイプなのかを
知らないといけないのかなと思います。

かなり大雑把に分けてみると、
食べ過ぎ系、消化不良系、
小腸にたくさん腸内細菌がいる系(SIBO)が
あるのかなと思います。
また、それぞれの状態が重なり合い、
ぽっこりお腹を形成しているかもしれません。

この記事はそれぞれの状態に対して
原因や出来ることをお伝え出来ればと思ってます。


まず食べ過ぎに関しては
どんなに良いものを食べていても
お腹は張ると思います。
食べ過ぎの基準は人によって違いますが、
それは人それぞれ消化能力に違いがあるからです。

この違いは基礎代謝が
ひとつの目安になるかと思われます。
同じ体重の人でも基礎代謝は違ってきます。
それは筋肉量によって
基礎代謝は異なるものだからです。

基礎代謝をあげたい人は
適度な筋トレはオススメです。
ただ、プロテインなどに対して
消化能力が低いと感じる方はだし汁がオススメです。
だし汁だけだとタンパク質量(アミノ酸量)は少ないですが、
消化吸収代謝がスムーズに行えるのでオススメです。
運動が苦手な方にもだし汁はオススメです。

基礎代謝とは
何も身体を意識的に動かさないでも
消費される代謝のことです。
心臓を動かしたり、
呼吸したり、
筋肉に熱量を発生させたりする
機能の代謝を基礎代謝といいます。
プラスで掃除洗濯買い物料理など、
または仕事の通勤、外回り営業など、
普段身体を動かしてるところに
消化吸収代謝しやすいだし汁を補うだけでも
筋骨量はアップします。



私は2017年10月から
だし汁を飲み続けてますが、
先日、骨格筋量を測る体重計に乗った時に
骨格筋量がアップしてました。
もともと痩せ型体質で太れない体質で
筋トレしても筋肉がつかなかったのですが、
骨格筋量がアップしたのは
だし汁のおかげではないかと思ってます。

2016年に29.5kgだった骨格筋量が
2019年に31.4kgになってました。

大きな変化はありませんが、
成長期でもなく、
普通だと衰えていく筋肉が特に筋トレもせずに
骨格筋量がアップしていたのは嬉しかったです。


さて、
筋肉量をアップさせて
食べ過ぎによるお腹の張りを軽減することに成功した場合、
自然と胃腸の筋肉アップにもなってます。

ただ、
筋肉量が増えても
動かないと意味がないので
やはり腸もみは必要かなと思います。

腸もみは
単に扇動運動を促すだけでなく
自律神経のバランスを整えるのにも役立ちます。
ぽっこりお腹は
自立神経支配の腸管の動きが鈍いことも
原因のひとつだと思われます。
やはり
ぽっこりお腹を解消するには
しっかり腸管に機能してもらわないと困ります。


自律神経は
私たちの意思とは関係ないところで動きますが、
意識下で
しっかりサポートしてあげることは
極めて必要です。

意識下で
できることは
睡眠の質を上げたり、
規則正しい食生活を心がけたり
ということになりますが、
腸もみをすることで
睡眠も食生活も整えやすくなるので、
やはり腸もみはすごいです。

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

便秘・むくみ・冷え・ストレス・不眠・肩こり・腰痛・ダイエットなど、体の不調でお悩みなら、まずはお電話ください!

03-6662-4642

初回20%OFF

WEB予約

六本木 銀座 末広町 綾瀬
総合受付 13:00~23:00(最終受付22:00) ※店舗によって営業時間が異なります